ミラノ地下鉄切符の買い方(自動券売機)

ミラノの地下鉄の切符の買い方です。

地下鉄の切符は地上のバス、トラムと共通ですので、地上での買い方がわからない場合も地下鉄の駅で買えます。(この情報は2012年4月現在のものです。この情報によりなんらかの問題が発生した場合も当方で責任は負いかねますのでご了承の上お読み下さい)

 

ミラノ地下鉄キオスク

まず自動券売機に行く前に、売店の説明です。ミラノの地下鉄の駅にはこのような売店があり、ここで「ウンビリエット」と言って買う方が自動券売機で買うより数倍早いです。ただし切符は数種類あるので、詳しくない場合は自動券売機が便利です。

ミラノ地下鉄自動券売機

これが自動券売機です。壊れていて使えないこともありますのでご注意を。

 

ミラノ地下鉄切符の買い方

最初の画面にタッチして下さい

ミラノ地下鉄切符の買い方

まず言語を選びます、ここはイタリア語を選びましょう。(わからなくてもこの解説の通りに進めば大丈夫です)

ミラノ地下鉄切符の買い方

次に切符の種類を選びます。何のことかさっぱりわかりませんが、左上のordinario urbanoが一回券です。が、ここではbiglietto giornaliero urという1日券を購入されることを強くおすすめします。これは一回券の3倍の値段で、24時間地下鉄、バス、トラムなどに乗り放題というチケットです。3回以上乗れば元が取れるからお得、というだけではなく、イタリアではバスに乗りたくても切符がどこで売っているかわからないという状況が多々!ありますので(バス、トラム車内では一部を除いて切符は買えません)、これを持っておけば安心なのです。ちなみに絶対往復しか乗らないから1日券は必要ないという場合も、必ず帰りの分を含めて2枚買っておくことをおすすめします。

旅行やお仕事で短期でミラノを訪れる方に便利なのは以下の切符です。

Ordinario Urbanoオルディナーリオウルバーノ:1回券・売店で買う場合はBigliettoビリエットと言った方がわかりやすいです。

Carnet 10 corseカルネー:10回券・1回券を10枚買うよりお得・1日に3回以上は乗らないが、滞在中に10回以上は乗るという方はこちら。

Biglietto girnalieroビリエットジョルナリエーロ:24時間乗り放題券。一番おすすめ。

Biglietto bigirnalieroビリエットビジョルナリエーロ:48時間乗り放題券。

Biglietto RHO-FIERAビリエット ろーフィエラ:サローネなどの会場となるRHO-FIERAは郊外で、都市部の均一料金区間から外れています。フィエラに行く場合はこちらのチケットです。(ちなみに“ろー”とひらがなで書いたのは、RHOの発音が巻き舌で、“ロー”よりも“ろー”の方が近いような気がするからです。個人的な印象なので重要ではありません。感覚的は“る”と“ろ”を一緒に言う感じ)

ミラノ地下鉄切符の買い方

切符の種類を選ぶとこの画面になります。でっかく+、−、と表示されているところが枚数です。その上のImporto totaleが合計金額です。その下に入金の金額、そのまた下のResto massimoは対応できるお釣りの最大金額です。使えるのはコインと、5ユーロ、10ユーロの紙幣で、高額紙幣には対応していない場合がほとんどですので、ここでも注意が必要です。(細かいお金がないと使えない販売機は多いです)

ミラノ地下鉄切符の買い方

ここでお金を入れます。紙幣がなかなか入らない時があるのですが、お金を入れる向きあるようなので、逆にしたり裏にしたりして試して下さい。カードも使えるようですが、筆者はうまく買えなかったことがあり、使っていません。

 

ミラノ地下鉄切符の買い方

無事に入金されると、ここから切符が出てきます。お釣りもガチャンガチャンと出てきますのでとり忘れのないように。

 

ミラノ地下鉄切符の買い方

切符が買えました!

 


ミラノ在住イラストレーターが教える「初めてのイタリア旅行を10倍楽しむ方法」食事編(姉妹サイト)もぜひご覧下さい。

 

カテゴリー: ミラノ・イタリア旅行便利情報 パーマリンク

コメントは停止中です。