『FIMES』ショールーム取材:2012ミラノサローネレポート番外編

昨年より注目のメーカーFIMESの本社ショールームと工場訪問が実現した。

FIMES社はAROSIO(アロージォ)という街にある。前回取材したGIULIO MARELLIのあるMEDAからさほど遠くないエリアで県はCOMOになる。Brianza(ブリアンツァ)地方と呼ばれるミラノ近郊のイタリアを代表する家具産地だ。

ショールームと工場を写真で紹介。

入り口からしてひと味違うFimesショールーム

サローネに展示しきれなかったモデルを含め、すべての新作を見ることができる

ショールーム内装にも注目

サローネでは展示されないコントラクト向け商品

コントラクト向けも高級ライン

派手好き富裕層の多い某エリア向けの別ブランドライン

made in Italyと書かれた梱包材

筆者は日本国内のトップメーカー数社の工場も訪問したことがあるが、「自分たちは中堅メーカー」と言うこの工場の方が設備、規模とも大幅に勝っていた。改めて日本とイタリアの家具産業の違いについて考えさせられる。

会議室からの眺め。この環境は・・・羨ましいというより他にない。

FIMESサイトはこちら

メーカーに問い合わせされたい場合はトウハラデザインスタジオで無料で代行いたします。お問い合わせフォームよりお気軽にお申し付け下さい。

カテゴリー: ミラノサローネレポート2012 パーマリンク

コメントは停止中です。