クオリティに自信あり!『molinari』のソファ。(ミラノサローネレポート2011)

数年前から個人的に注目しているメーカーです。

サローネにはほんとにたくさんのメーカーが出展しているので、どうしても有名なメーカー、デザインが超個性的なメーカー、ブースが派手なメーカー、そういうところに目がいきがちで、地味目のメーカーは見落としがちです。

そういう地味目のメーカーでもよく見るといい物作ってるところもまだまだある、というのを知っていただきたい、という代表がmolinariです。

派手ではないがデザインも悪くない

 

 

以前に一度会社訪問をしたことがあるのですが(トレンティーノ州のすごくいいところ)、大きなショールームがあっていろいろサンプルを見せてもらいました。

とにかく張り地つまり革ですが、それのクオリティにこだわっているそうで、革の産地やらなにやら専門的なことまで熱く語っていただきました。

ソファの他にもう少しライトなチェアも作っている

別のシリーズのソファ。この写真からも革のクオリティがわかってもらえるはず

革のサンプルを見せてもらって驚いたのは5ミリ以上も厚みのあるものもあったこと。
ここまでバリエーションを揃えているメーカーも少ないのではないでしょうか。

革の他に布張りも

上の写真は奥行きが深いタイプです。ちなみに日本ではまず見ないこういう奥行きの深いソファですが、どうやって座るの?と疑問を持ってる方も多いでしょう。これは足までのせちゃうタイプです。要はベッドの上でくつろぐようなイメージです。

 

とにかくクオリティには自信を持っているメーカーで、しかもデザインも年々洗練されてきているように感じます。

興味のある方はサイトをご覧になって下さい。
molinari社サイト

カテゴリー: ミラノサローネレポート2011 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.