『mobileffe』cuoio(革)の大胆な使い方が魅力。(ミラノサローネレポート2011)



ベージュやブラウン、ウォームグレーなどの優しい色使いに引き寄せられる『mobileffe』(モビレッフェ)のブース。
小さめのブースなので展示数は多くないが、特徴的な製品をいくつか見つけた。

メインとなるのはベッドで、cuoio(革)を“縫製”というよりは“組み立て”と言えるような形状で作られているのが印象的だ。
もし絵に描いたら固いベッドに見えるはずだが、素材が革なので固いとも柔らかいとも言えない微妙なラインを描いている。
工業製品にも手作りの温もりを求める人は多いが、そういう人を意識しているのだろうか。

その革は収納家具の前板にも貼られ、ベッドルームの統一感を出すと同時に、その収納家具も固すぎない、冷たすぎないイメージに仕上げられている。

ベッドルーム関連の他はかわいらしいソファが展示されていた。

市場としてはヨーロッパの他にロシアとサウジアラビアで特に人気があるとのこと。

サローネ会場(フィエラ)
Pad.7 F21
URL http://www.mobileffe.com/

カテゴリー: ミラノサローネレポート2011 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.