コントラクトで実績のある『interna』のコレクション。(ミラノサローネレポート2011)


高級デザイン家具のブースの並ぶフィエラ5号館で、会場の端に少しライトな雰囲気のコレクションを展示した『interna』(インテルナ)。
ライトに感じられた家具たちも、よく見れば木、張り、金属、ガラスなどの多種の素材を使用し、またその工作技術からただ者ではないことが伺い知れる。

明るくオープンな雰囲気のブース。

コントラクトを得意とするメーカーで、今回の家庭用家具のコレクションを見た後には少し意外に感じられるが、世界の高級ホテル、日本ではグランドハイアット東京など納入実績があるという。
6人から7人のデザイナーと契約しており、その中には某日本人デザイナ−も含まれていた。

まずデザイン、スタイルが目に留まったinternaの家庭用家具のコレクションだが、コントラクトの実績からして技術力、品質の高さも間違いないだろう。

サローネ会場(フィエラ)
Pad.5 M02
URL http://www.interna.it/

カテゴリー: ミラノサローネレポート2011 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.