『FIMES』期待通りのモダンイタリアンデザイン。(ミラノサローネ2011)



真っ白のブースに置かれる白い家具。鏡面塗装やガラス、あるいは丁寧に磨かれメッキされた金属パーツなどのツヤ部分に木目のアクセント。
我々の期待するイタリアンモダンデザインが並ぶFIMES(フィメス)。

ミラノ近郊コモを拠点に主にベッドルームファニチャーを作るメーカーだ。
FIMES家具ミラノサローネ2011 ここでも商品の特徴を訪ねると、まず自社の技術の高さとそれにより実現できるデザイン、クオリティの高さを挙げていた。

また引き出しや扉の開閉のスムースさについて担当者が熱心に説明してくれたが、そういった金具などへのこだわりも高級感を演出しているのだろう。

主なマーケットはヨーロッパの他にロシア、ウクライナ、アメリカ、アラブ諸国、そしてアジア諸国、つまり日本以外のほぼ全世界に輸出されているとのこと。
要望があれば日本の住宅に合わせたサイズ調整などはもちろんできるが、そういった話がないので・・・とは担当者の話。

FIMESのような家具が日本で見られないのは誠に残念だ。

サローネ会場(フィエラ)
Pad.5 E06

URL http://www.fimes.com/

FIMESブース ミラノサローネ2011

FIMES ミラノサローネ2011

曲面加工に技術を感じる

 

カテゴリー: ミラノサローネレポート2011 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.