ミラノサローネレポート2013」カテゴリーアーカイブ

『cierre』革張りのスペシャリストが作るボリュームあるソファ:ミラノサローネ本当の注目メーカー

照明を落とした雰囲気のあるブース。 見るからに上質の革を使ったソファが並ぶ『cierre』(チエッレ)。 エミリア・ロマーニャ州フォルリという場所のメーカーだ。 このメーカーもデザイン的にとがったところはないが、革と作り … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『VERZELLONI』クールすぎないイタリアモダンの布張りソファ:ミラノサローネ2013レポート

比較的若い年齢層をターゲットにしていることがうかがわれる『VERZELLONI』(ヴェルツェッローニ)のブース。 ミラノからはやや南に位置するParmaのメーカーだ。 (ちなみにParmaはチーズやプロシュット(ハム)産 … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『Billiani』椅子の街Udineの100年の歴史を持つ木製チェアメーカー:ミラノサローネ2013レポート

さほど広くないブースだが、柔らかいラインと色使いで独特の雰囲気を醸し出している『Billiani』(ビリアーニ)。 チェアがメインの展示からも想像できるように、Billianiも椅子の街Udineのメーカーだ。 木製のチ … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『MIDJ』バリエーション豊富な成形チェア:ミラノサローネ2013レポート

チェアをメインにした展示でシンプルからやや複雑までフォルムのバリエーションが楽しい『MIDJ』(ミディ)。 チェアメーカーの展示の多くがそうであるように、MIDJのブースも展示品数はかなりの量だ。 プラスチック成形のチェ … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『la Cividina』さりげなさに隠れたこだわりのアイディア:ミラノサローネ2013レポート

フィエラ16号館の奥のコーナーに位置するオープンなブース。 センスのいい色使いが目に留まるが、よく見ると変わったデザインの『la Cividina』(ラ チヴィディーナ) 1976年に創業した当初は下請けメーカーだったの … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『Potocco』品質とオリジナリティに高いプライド:ミラノサローネ2013レポート

ブース入り口では登録が義務づけられ、ブース内では厳しい撮影制限。 その徹底した管理にデザインのオリジナリティに対する高いプライドが感じられる『Potocco』(ポトッコ) 椅子の産地として有名なUdineのメーカーである … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『Tirolo』サローネ初出展!のかわいらしい家具たち:ミラノサローネ2013レポート

フェルトの張りと白木の組み合わせがどこか北欧デザインを感じさせる『Tirolo』(ティロロ)。 椅子の産地として有名なUdineのメーカーだ。 今回がミラノサローネ初出展とのことで、見る者には新鮮であるだけでなく、素材の … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする

『MDF italia』シンプルデザインの最先端を見る:ミラノサローネ2013レポート

Minimalismo(ミニマル)をテーマに、近年のシンプルモダン系のデザインの最先端を突っ走ってきた『MDF italia』(エンメディーエッフェ イタリア)。 例年のように真っ白いブースに研ぎすまされたデザインの家具 … 続きを読む

カテゴリー: ミラノサローネレポート2013 | コメントする